中古車店はここを見るべき!!

道端でよく見かける中古車屋さん。
ここを見るとその店の良し悪しがわかるポイントを見ていきたいと思います。
見た目で見分けるポイントとして重要というか、最低限クリアしておいてほしいところになります。

それは展示中の車がきれいに掃除されているかどうかです。
ここはクリアしていると信じたいんですが、本当に最低限のところですよね。
しかし、なかにはここさえもクリアできていない店舗も存在するんです。こういうところは論外です。

次に展示場がアスファルト舗装されているかどうかなんです。
砂利の上で車を展示しているところもありますが、あくまでも車は商品です。
その商品を砂利の上で売っているというのは展示しているとは言えないんじゃないでしょうか。

もちろん店の都合もあるとは思いますが、購入者側の希望としてはここもクリアしてもらいたいです。
なぜかというと、砂利の上で売っている店というのは商品そのものを粗末に扱っているといえなくはないんじゃないでしょうか。

このような店にいいお店はあるのかな?という気がします。
中古車店を選ぶポイントで最もハードルが低いところですのでここは押さえておきましょう。

洗車

いい中古車店の見分け方は?

いい中古車店の見分け方はどこを見ればわかるんでしょうか?
いろいろあるとは思いますが、その指標の一つとして「展示中の車や店舗がきれいに掃除されているか」ということが言えます。

もちろん中古車店ですから、展示中の車がきれいにされているのは当たり前ですよね。
これは最低でもクリアしなければならないポイントといえます。

でも車ばかりがきれいで敷地にゴミが落ちているとか、店舗が散らかっているとかってあるんです。
こんな中古車店は当たり前ですがあまりオススメできません。
だって車というかなり高級なものを売っているわけじゃないですか。
庶民からすれば生活にかかわるくらい重大な買い物です。

そんな大きな買い物をする場所があまり掃除もされていないところだったら・・・。
当然そこで購入することができる車もそれなりのものじゃないかと想像できてしまいますよね。
店舗の看板などが錆びていて剥げてしまっているのをそのままにしている店なんかもどうかと思います。

車という非常に大きな買い物は信頼がおける店で行いたいものですね。

中古車店のアフターサービス

アフターサービスのf充実具合を見るなら整備工場を見るのが一番です。
中古車を購入するにあたって重要なポイントの一つがアフターサービスがきちんとしているかどうか。

車は高い買い物ですので、購入しても売りっぱなしではないかどうかは中古車購入のポイントの一つといえるでしょう。
ではどんな整備工場がアフターフォローまで充実している工場か。
見分けるポイントは「工場が散らかっていないか」です。
整理整頓していない工場は仕事が雑な可能性が高いです。

整理整頓してないということは、効率が悪くなっている可能性が高いということですもんね。
もちろん車の整備工場ですから床が黒ずんでいたり壁が多少汚れていたりするのは仕方ないと思いますが、
工具が散乱していたり、段ボールなどが散らかっていたり・・・。
こんな工場はあまりいい整備工場とは言えませんね。

逆に整備工場がピカピカで何一つ使用感がない整備工場は本当に整備工場として機能してるのかと疑いたくなりますが。
やはり最も安心できるのは常に人がいて何か作業をしているような整備工場。やはりこれがいいですね。

安心