中古車店選ぶなら地元店で

中古車を選ぶなら遠くの店よりも近くの店を選んだほうが無難です。
なぜかというと、アフターサービスに明らかに違いが出るということです。

これは、車に何かがあった時に問い合わせることが多いのが購入先ではないですか?
さらにその中古車屋さんが整備やメンテナンスまでやっているところであれば、
車のメンテナンスをするためにわざわざ遠くまで出向く羽目になってしまいます。
ガソリン代もかかりますし、そこまで行く時間もかかります。

そういった観点から見てみると、遠くの中古車店よりも近くにある店のほうがいいということになりますよね。
ついでにいうと、地元であればある程度の噂って聞きませんか?
あそこの車屋さんはサービスがあまり良くないらしいよ。
だって私の友達がそこで車を買ったんだけど・・・。みたいな。

逆に良い噂の場合もありますよね。
こういった噂って結構お店選びのものさしになったりしませんか?
これって重要なことなんですよ。

逆にお店から見たら、住んでるのが店の近所だと分かればよい噂は流してほしいし、悪い噂は絶対に流してほしくないですよね。
その店の信用問題って口コミが左右するといっても過言ではないと思います。
なんで、地元であることがわかると親切にしてくれるお店も多いんですよ。

こんなところで違いがでる中古車店

いい中古車屋さんとあまりオススメできない中古車屋さんの違いってどこを見ればわかると思いますか?
この差はちょっとしたところに出るので、中古車店に行ったときは注意してみてみましょう。

どこを見るのかというと、プライス。
車のフロントガラスの内側によく掲げてある、車の価格表のことです。
この車の価格表が1台1台丁寧に書かれている車屋さんは丁寧な接客をしてくれたり、よく気が付いたりしてくれることがある店のことが多いです。

ただし、車の価格表といっても入ってすぐのド真ん中で一番目立っている車の価格表を見ても判断できませんよ。
だって、一番目立つところに展示する車ですもん。
気合を入れて丁寧に価格表の記入をするに決まってるじゃないですか。

だったらどこを見ればいいかというと、店の端っこに展示されている車の価格表です。
ついで洗車がきちんと行き届いているかというところまで見てみましょう。
結構雑になっていたりすることってあるんですよ。

店の隅々に展示されている車が全部きれいに洗車されていて、価格表もバッチリ書かれている。こういう店は信頼のおける店になります。

中古車

展示の中古車で専門性がわかる。

中古車屋さんの品ぞろえには重要な意味があります。
中古車屋さんの展示されている車を見ればこの店はスポーツタイプの車に強い店だなとか、軽に強い店だなとかわかります。

どこを見ればいいかというと、展示されている車の種類です。
展示されている車の種類って結構偏りがちな店が多いんです。
これはその店が自信を持ってオススメできるのはこの車種ですよって教えてくれているようなものですよね。
その車種に対する知識に自信がなければその車種を多く置かないでしょう。

このようなお店では、その車種について深く掘り下げて質問したとしてもちゃんと答えてくれるところが多いです。
イメージはその車種の専門店に近いような感じでしょうか。
こういった店では何度も足を運んでいるといろいろな情報を教えてくれることが多いですし、なにより安心して車選びができます。

ただ、その店の展示車のタイプがまとまっていたとしても、展示している車のタイプをころころ変えるおお店があります。
こういった中古車店はその時々で売れる車を集めてくるイメージですので、あまり専門性といったところは期待ができないかもしれません。

激安を売りにして、高額な外車を売っているような店には多いといわれていますので注意が必要ですね。