中古車を買ってから起きた故障の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中古車を買ってから起きた故障の話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中古車を買ってから起きた故障の話中古車ニュース メコン

中古車だから、と言う訳ではないと思うのですが、車には故障がつきもの。時間が経過すると交換しなければならない消耗部品もありますし、理由はよくわかりませんが何かの拍子に壊れてしまうものもあります。

私が最初に買った中古車は、既に走行距離が約5万キロだったので、消耗部品がよく壊れました。一番怖かったのは、タイミングベルトが切れたとき。自動車専用道路を走っていて、加速している最中に凄い音がしてアクセルを踏んでもエンジンが回らず、大変困ったことになりました。

慌てて車を右に寄せましたが、エンジンがかかりません。ロードサービスを呼んで、車を牽引してもらい、ディーラーに運びました。ディーラーで見てもらったところ、タイミングベルトが切れてエンジンが壊れてるかもしれないので、最悪エンジン交換ですよと言われて、相当びっくりしました。

40万円で購入した中古車でしたが、エンジン交換となると20万円ぐらいかかるので、車を乗り換えようかと思ってしまいました。結局、タイミングベルトは10万キロで交換というもので、それが6万キロ前後で切れてしまうのはおかしいと言う話になり、費用は5万円ぐらいにしてもらえましたが、痛かったです・・・。

最近はベルトではなくチェーンで駆動しているものが増えていると聞いているので、こういうことは無いと思いますが、中古車で購入された場合は、車検の時に車のあちこちにあるベルトのチェックは念入りにやってもらった方がいいですよ。

点検

\