整備済みの中古車かどうかを見分ける方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 整備済みの中古車かどうかを見分ける方法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
整備済みの中古車かどうかを見分ける方法中古車ニュース メコン

中古車を購入するときに、大抵は整備をしてからお客さんに引き渡しているはずなので整備をしているはずです。ですので、必要経費として整備費用がかかることがあります。車検が切れていれば、整備をして車検を取り直します。

その際、フロントガラスの窓に丸いシールが貼られ、室内から見ると整備工場名や認可工場が取得している番号などが書かれています。認可を受けた工場で整備された場合しかこのシールが貼れず、費用請求できないそうです。

当然、ユーザー車検の場合は貼れません。馴染みのお店で買わない場合には、必ずチェックしておきたいポイントですね。

他にも、購入前に試乗ができるようなら、必ずしておくべきです。整備される前の状態だからと言っても、不具合を抱えているような中古車なら、少し走ればおかしいことはわかります。

例えば前輪駆動車に多いのが、エンジンの駆動を車輪に伝えるドライブシャフトが年数の経過で異常があると、ハンドルを切ってアクセルを踏むと大きな異音がします。

車検が切れている場合は、公道を走れないので、エンジンをかけてみて変な音がしないか見るのも一つの方法です。自信の無い人は車の知識がある人と一緒に中古車選びをするのが良いでしょう。

チェックポイント

\